肌への摩擦や刺激でできた色素沈着は治りやすい!

アトピーだとか虫さされでできてしまった色素沈着を治すのは思いのほか
簡単です。これは経験済です。

というのもこうした摩擦や炎症などでできてしまった色素沈着はただ単純に
メラニンが沈着しているだけだからです。放置しておいても勝手に消えるもの
なので治すのが簡単というのはそういうことです。

ただ、顔にできてしまった場合、色素沈着が残っているのは気になりますし、
紫外線を浴びることで悪化することもあるので、早く治したほうがいいです。

そこで使うのがメラニンを還元してくれる美白成分です。

ビタミンC、プラセンタ、ハイドロキノンなどいくつかメラニンを還元してくれる
美白成分は思いつきますが、一番効果があるのはハイドロキノンでしょうね。

詳細>>炎症性色素沈着にハイドロキノンが効く

シミの消しゴムといわれるぐらいですから消えます。ただ、紫外線によるシミは
4:6ぐらいで消えないことのほうが多い気がします。

紫外線によるシミはメラニンの沈着は沈着なんですが、同時に皮膚の機能が異常を
起こしているケースもあってこの根本的な原因にアプローチできないので治らない
ケースがでてくるということなんです。

できてから時間が経っているとか40代になってできたシミというのはその可能性大です。


Warning: printf(): Too few arguments in /home/foundation891/public_html/wp-content/themes/twentyeleven/content-single.php on line 44